Wish Music School スクール理念



地域ナンバーワンのミュージックスクールを目指します。

Wishミュージックスクールは、地元での音楽活動やネットワーク、コミュニケーションを大切にして、市内の音楽施設、メディア、ショップ等、各音楽関連事業と連携し、常に地域No.1の音楽スクール運営を目指します。


音楽に特化したスクールで、オンリーワンのレッスンを。

Wishミュージックスクールは、よくあるカルチャースクールの一環としてのミュージックスクールや、様々な分野の習い事も同時に手掛ける音楽教室とは異なり、音楽のみを専門とし、音楽だけにスクール運営を特化することで、音楽スクールとしてより良い指導と最適な環境作りを追求しています。音楽は、初心者上級者、子供大人を問わず、その人が持つ「個性」こそが一番大切であり、その個性を伸ばしていくことが何よりも重要です。その他の習い事と同じ、フォーマット化されたスクール運営とレッスンでは、逆にその個性を摘むことにもなりかねません。Wishミュージックスクールでは、あえて本部主導の教則本やレッスンカリキュラムを作らず、生徒ひとりひとりの目的や個性に合わせたオリジナルのカリキュラムを各担当講師が行います。だからこそ「各個人専用のオリジナルカリキュラム」で、「オンリーワンのレッスン」を行うことが可能になります。そしてそれこそが音楽を身につけていく上で一番大切なことだと考えています。


音楽を愛し、音楽に誠実に、音楽を育み続けることを誓います。

株式会社Wish / Wish Co.,Ltd.
Wish Vocal School / Wish Music School

代表
Keisuke Ishikawa

《プロフィール》

3歳でピアノを、6歳でヴァイオリンとボイストレーニングを学び、18歳でバンド活動をスタート。24歳の時に上京し、ワーナーミュージックジャパンよりメジャーデビュー。TV番組のエンディングテーマやCMソング等のタイアップをはじめ、数々のテレビ・ラジオ・雑誌・イベント等に出演。バンドの解散と共に地元愛知県に戻り、ライブハウスのマネージャー、音楽レーベルのディレクター、イベントプロデューサー等を経て、株式会社Wishのゼネラルプロデューサーに就任。自身のアーティスト経験や人脈を生かし、独自の音楽理論で様々なアーティストを発掘・育成し、デビューさせる。現在「Wish Vocal School」「Wish Music School」両校の代表を兼任。